« 巨大怪獣、東京上陸 | トップページ | オマケ戦艦 »

2004.07.15

A1402S II

「A1402S II」がJATEを通過

現在のauの稼ぎ頭の一つで、性能の割りに非常に安価に販売されているA1402S。
エントリーモデルとして申し分ない性能を持っています。
このクラスの人気機種は最近はセカンドモデルを作って、更なる利用者獲得に使われることが多かったのですが、ついに噂されていたA1402S IIがJATEの審査を通りました。
多分、微妙なリファインのみ、カラーバリエーション増加ぐらいの変更だとは思いますが、最初から安いと思われるので、またまた販売ランキングトップに居座ることでしょう。

|

« 巨大怪獣、東京上陸 | トップページ | オマケ戦艦 »

コメント

DocomoのSO506Icみたいな存在ですかね。
音楽機能付だったら迷わず買いますが(笑)

DOCOMOは音楽携帯アリだし、J-PHONEは音楽だのTVだの前面に出してるのにauがないのは何故~?

投稿: 本山薩摩守忠度 | 2004.07.16 13:00

> DocomoのSO506Icみたいな存在

おそらく、今までのパターンで言うと違います。
DoCoMoの方はメジャーバージョンアップ&Felica対応ですが、こちらは単なるリファインになると思います。
昨今のauでは人気エントリー機種のセカンドモデルを販売することがあるので、今回もそれと思われます。
大抵はボディ形状の若干の変更、スピーカなどの一部パーツの変更、障害対応、といったところが主な変更点になるでしょう。

従って、

> 音楽機能付だったら

これはほぼ有り得ないでしょう。
南無~( ̄人 ̄)

> DOCOMOは音楽携帯アリだし、J-PHONEは音楽だのTVだの前面に出してるのにauがないのは何故~?

・専用ハードと比べると雲泥の差(容量や曲を入れる方法とか)
・端末価格を引き上げる(あまり上がってないように見えるのはインセンティブのお陰)
・元々電池が持ちにくい携帯だから、電池食いのプレーヤーを載せたくない
・著作権問題に慎重
・トラフィックを利用しない(つまり利益に繋がらない)

などが考えられます。

個人的には「混ぜるな危険」論の典型的な例だと思います。(一見便利に見える異種混交は、意外な点に問題がある。例えばテレビデオの故障時とかね)

TVだけは同じ電波機械として有用ですが。
特に地上デジタルなら意味が出てきます。
TV携帯が一般化するのを見越して各社が最近の2軸可動の携帯を作っていると言われています(横向きで見やすいから)

そういえば、auはフル楽曲着うたダウンロードを近いうちに始めますが、携帯には5曲しか入りません…。
けど、今度のWINは著作権情報付で外部メモリへの保存を可能としたので、そのうちミュージックプレーヤー載るかな。
ただし、全部ダウンロードした曲しか再生できないかもしれませんが。

投稿: ZWEI | 2004.07.16 17:17

A5505SAとかW21SAだったら、マスストレージ芸で音楽聴けますね(笑)
現に私がそういう風に使ってるし。

後、古い端末で良ければ、DIVAもありますよー
http://www.sonyericsson.co.jp/product/au/c404s/

投稿: ぐれにー | 2004.07.16 18:52

ぐれにーさん、本山さんはそのDIVAユーザーなのですよ…
(; ̄▽ ̄)

投稿: ZWEI | 2004.07.16 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3471/973843

この記事へのトラックバック一覧です: A1402S II:

« 巨大怪獣、東京上陸 | トップページ | オマケ戦艦 »