« 温故知新 | トップページ | 1度に6つ… »

2004.08.04

死に至る病

(本文)
それは1月ほど前のことじゃった。
友人が沼の深みにはまってのぅ。
急いで助けたんじゃが、2・3日、意識不明の重体じゃった。
何とか一命は取り留めたんじゃが、それからというもの、友人はたまに意識を失ったりするようになったんじゃ。
それでも最近はマシになったんじゃが、ついこの間から親しい者の名前が思い出せないようになったんじゃ。
まもなく誕生日で、その時に環境が変わる予定なんじゃが、それまでもってくれんかのぅ。

(訳文)
それはおよそ一月前のこと。
友人の携帯がトイレで水没。
急いですくい上げたが、電源が入りませんでした。
ショートによる「お亡くなり」を避けるため、2・3日、完全に電源を入れず、乾かすように指示し、それから電源を入れたら、何とか復活しました。
しかし、水没による腐食などの影響として、着信があっても鳴らないなどの障害が発生。
幸い、しばらくは発生しないようになっていましたが、ここ数日は着信時にアドレス帳に登録されていても名前が表示されず、電話番号のみ表示という状態に。
もうすぐ今の端末が1年経過するので、それを機に機種変する予定ですが、はたしてその端末はその日が来るまでもつのか?
それとも一時的にショップの代替機の出番か?

(訳注)
携帯が水没した時は、電源を絶対に入れずに、水分をよく拭き取って、風通しがいい所に置いて、2・3日の間乾かしましょう。
その間は、ショップの店員に頼んで代替機を借りるといいです。

|

« 温故知新 | トップページ | 1度に6つ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3471/1119266

この記事へのトラックバック一覧です: 死に至る病:

« 温故知新 | トップページ | 1度に6つ… »