« 雪景色 | トップページ | 日本語CDDB »

2005.02.16

さらばNIFTY-Serve

「ワープロ・パソコン通信」サービスの終了について

私がNIFTYを見るようになったのは、社会人になってWindows95マシン(モデム付)を購入してからでした。
当時は従量課金制で、電話代が数万して「みかかからの熱烈なラブレター」(NTTからの請求書)をもらうこともザラな人が居た、草の根・商用BBSが未だ健在で、ようやくインターネットの道が開けようとしていた頃でした。

あの頃はまだ個人のHPを作るのが面倒くさく、サーバー容量も少なめだったので作品などの発表の場にするには辛く、活発な議論を交わす場も少ないインターネットよりは、巡回マクロなどが豊富に揃い、ライブラリのシステムがあり、ツリー形式でログも確認しやすかったBBSの方がもうしばらくは主流な雰囲気でした。
遅かれ早かれ、インターネットに移っていくとはいえ、まだまだ周辺環境が揃ってはいなかったですね。

そんなわけで、あまり多くの会議室を見ていたわけではないですが、FDELPHIをはじめとするプログラム開発系、濃い話が展開されるゲーム系の会議室などにはお世話になりました。

やがて時代は過ぎて、Vectorなどのライブラリや、フリーの大容量スペースを提供するサイトが出来て個人の発表の場としても問題無くなり、回線も常時接続も現れ始め、十分なスピードも得られるようになると、NIFTYにあった企業の会議室なども独自のサイトを作るようになったため、そこでユーザーサポートの一環として会議室を開くようになっていきました。

その間、NIFTYも名を改め、インターネット上からBBSのデータを見られるようにするなどしていたのですが、徐々にインターネット用のシステムで作られたフォーラムに移行するようになって行きました。

そして、とうとう、終わりの日を迎えた、と。

最終日までには、昔見ていたところを久しぶりに眺めに行ってみようかな…。

|

« 雪景色 | トップページ | 日本語CDDB »

コメント

何もかもが懐かしい。
自分は、PC9801のMS-DOSからNIFTYに繋いだのが最初でしたねー
32Kbpsのモデムだったけ。
今じゃ考えられん世界だけど、時代の生き証人になれた、ラッキーな世代だと自負したり。
マウスも当時通ってた中学校に買ってもらって、N88BASICで、何かただマウスカーソルが出るだけのプログラム組んで、大興奮したのを覚えてるっすよ。

当時、お世話になったシスオペの人、元気にしてるかなあ…

投稿: ぐれにー | 2005.02.16 22:14

Nooooo!!
羨ましいです。
当時、中古でも20万くらいしてた9801
とても手がでなかった。

まだインターネットがなかった頃、
I・Oデー○の展示会に行って、Niftyかなんかのデモやってたの思い出しました。
掲示板の説明で、おねえさんが「何番がいいですか?」と聞いてきたので、「○番」と適当に何回か答えたら、アダルトな掲示板に辿り付いてしまった・・・
それでも大勢の前でも文章を声に出して読んでくれたおねえさん、
「あんた、プロだぜ。。。。」

しかし、そのとき楽しそうに番号を答えてた俺、
ホントに知らなかったとはいえ、すでに「エロオヤジ」化の兆候が・・・ とほほ

投稿: いたい | 2005.02.17 13:01

> ぐれに~さん

音響カプラが懐かしい年頃です(嘘)
いや、実物も見たことないっすよ
(;・∀・)

私のパソコン体験ちゅーと、毎日小学生新聞に書いていたBASICのプログラムを長崎屋家電売場のPC-6001(だったかな?)で打ち込んでたりしました(笑)

そういや、昔は「RX-78」っていうPCありましたね…。


> いたいさん

私はEPSONの互換機98SEからですかね。
あれは安かった…学生の身分では高いですが。
けどネット非接続。
草の根BBSやっていた友人からデータもらったりしてましたね。

投稿: ZWEI | 2005.02.17 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3471/2955529

この記事へのトラックバック一覧です: さらばNIFTY-Serve:

« 雪景色 | トップページ | 日本語CDDB »