« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.30

リトルテイルブロンクス

大好きなゲームの一つ「テイルコンチェルト
宮崎駿の犬の「名探偵ホームズ」のような感じで、ちょいとスチームパンクな世界のゲームでしたが、これにはどうやら2の構想と、壮大(?)な世界設定が有った模様で、その世界設定を使った新たなコンテンツが…。

それは「ニポン国」の「まもるくん」

福岡県の「消防・防災・安全」のイメージキャラクターだそうですが…うーん、この会社も福岡県、このゲームを好きなぐれにー兄貴も勤務先も福岡県。
何か今、福岡県にゲーム製作拠点を置くのが流行ってるんでしょうか?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.06.29

旅行2日目-なんでやねん

実弾射撃もそんなに時間が掛からなかったので、夕方のディナーまで少々時間が有るので、ちょっとホテルで休憩。
この日のディナーだけが、今回の旅行で唯一決められている全員での行動です。
クルージングディナーと聞いてますが、船酔いする人いないか、ちょびっと心配です。
サイパンは遠浅なので、大型船があまり岸壁には居ないのですよ。
どっかの港から乗るのかな?

女性陣  4:30ごろにホールに集合。
エレベータの扉が開くと、目に映るは華やかな現地衣装を身に纏った東京本社女性陣。
ちょっとビックリ。
N中さん、目がニヤついてますよ(笑)

全員集合後はバスで波止場まで移動。
結構車が走ってますが、ストリート沿いには各自動車メーカーの店舗もありました。
トヨタ・日産・ホンダ・ヒュンダイ等などですね。
実際に走っているので見たのは前3社である日本メーカーのばかり、特にトヨタが多かったですね。
日産もムラーノとか走っていました。
前日のタクシーの運転手の話ではヒュンダイはほとんど見かけないようです。

やがてバスは波止場に到着しました。
波止場には双胴(?)の大型ヨットが停泊していました。
デッキ部分に座って飲み食いできるようになっており、船内にも多くの人が入るようになっていました。

総務の人「○○○○の者ですけど、よろしくお願いします」
現地の人「オー、いらっしゃいマセ~。チケット拝見ネ!」
総務の人「あ、ホテルに忘れてきました(;´Д`)」
現地の人「なんでやねん!(゚∀゚)」
総務の人「すみませーん(;´д⊂」
現地の人「大丈夫、OK牧場ネ!(゚∀゚)」

うほっ、流暢な日本語や!(・∀・)
すごいなぁ、日本のギャグネタも出してくるとは。

この凄い現地の方が早口の日本語で案内してくれます。
乗船し始めてると、他にもバスが着ます。
う~ん、貸切ではないのか、残念。
でもこちらが40人で、他にもそこそこ人数が居るけど、乗り切るのかな?

全員が一旦船内に入りました。
詰めれば、全員問題無く座れました。
でも、この状態でディナーとなるとちょっとしんどいかな。
移動もしにくいですし。

そうこうしているうちに缶ビールが配られ始め、船は出港しました。
現地の人がトークを開始します。
クルージング&ディナーの説明を始め、乗船している客たちの簡単な紹介をしてくれました。
うちと他の会社の社員旅行組、日本と韓国それぞれの新婚旅行カップル等など。

「そして、このクルージングを案内するは私、○○です。韓国名ではペ・ヨンジュン、日本名では桑田佳祐と言いマス!」
…この男、やるな!(゚Д゚)

紹介などが済むと、各自デッキや屋根に登ってもいいということに。
ということで広い屋根にとスタコラサッサ。
ビール片手にクルージングと歓談を楽しみます。

輸送艦 「2時の方向に米軍艦影見ゆ!」
「最大望遠で映します!」
「後部にはヘリを搭載している模様!!」
一応、アメリカに属してますので、海軍の補給艦と駆逐艦が今居るそうです。
昨晩も見たのですが、洋上に数隻タンカーが停泊してました。
何故かなと思っていたら、大型船は着岸出来ないので、小型船でピストン輸送しているそうです。

颯爽と流れる海風。
夕暮れ間近の日差し。
差し出されるビールのお代わり。
あぁ、リゾートっていいなぁ~(笑)

船はやがてサイパン島に隣接する小島「マニャガハ島」にの沖に着きます。
ここは明日のダイビング後に行く場所で、普段は人が住まず、昼間だけ人が集まる場所だそうで。
停泊してしばらくするとそれぞれにディナーのプレートが渡されます。


ディナー …船上だし仕方ないかな。
食べているとなんか周りが騒がしくなってきました。
どうやらこの旅行中に誕生日を迎える方に貝殻のネックレス?を渡しているようです。
後輩も誕生日なのでゲット。
社長も誕生日なのでゲット。


演奏 やがて流れるギターの音色。
桑田佳祐(笑)のショータイム!
日米韓の歌を色々歌います。
うーん、見事だ。
曲が進むと、みんなで踊る曲とかも始まりました。
現地衣装女性陣も踊ります。
華やか~(* ̄▽ ̄)

落日 そんな歌声が流れる中、船は波止場と戻り始めます。
徐々に流れる風も夜風となり始めました。
さらばマニャガハ島。
また明日会おう!

波止場に戻ったらバスに乗りそのままホテルへ、そしてサクッとベッドに突入、就寝モード。
寝不足だったので、ちょっともう出歩く気が有りませんわ~。
しかし、バスで帰る途中数名がDFSで下車、夜の街に出撃して行ったそうです。
後日得た情報によると『指圧』に行くと60ドルぽっきりという話でしたが、チップをドンドン要求され、最終的に合計110ドルほどになったそうな…。

他には「桑田佳祐」と意気投合したメンバーがお誘いを受けて、何人かで飲みに行ったそうです。
途中で見かけた、まるで移動式のような小さな遊園地などにも行ったそうです。
凄いスピードで回っていた小型観覧車モドキにも乗ったようですが…ま、簡易遊園地だったと感想でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年もやってきた

手作りLet's Note工房 参加者募集中

もはやおっさん(涙)の私は全然参加できないイベントですが…
うーん、友達の親戚の子を動員してもほしくなるよなぁ。


※2005/06/29 20:18 追記
本家のblog形式の紹介サイトをリンクしておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.27

猫耳も~ど♥ その2

今度は本物

だから東京が好き! ねこブログ

∧∧
・ω・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.25

ASP.NETでのExcelの印刷2

もう一つハマったので…。

ASP.NETというか、.NETはCOMの参照カウントの管理が以前よりプログラマ任せになったので、ちゃんと開放処理を入れてやらないといけない。
特に注意すべき点は、暗黙の参照が発生した時点で、COMの参照カウントが増加し、しかし管理している変数が無ければ開放も出来ないので、その結果COMがプロセスに残ることになる。

この解決方法は、こまめに変数に代入し、こまめに開放すること。

参考:VBレスキュー(花ちゃん) VB.NET Tips Excelのデータ入力例の最期の「Rows / Columns プロパティの使用方法」

ちかれた…(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASP.NETでのExcelの印刷

ちょっとハマったので、メモとして残しておきます。

ASP.NETはASPNETアカウントを使いますが、これにはプリンタの設定がありません。
また、ASPNETにはプリンタやネットワークへのアクセスの権限もありません。
それから、Excelの起動権限もありません。

これらの解決方法として、以下の事を行います。

・WindowsのDCOMCNFGにて、DCOMの、Microsoft Excel アプリケーションの起動の許可に、ASPNETユーザーを追加します。
(参考:[ASP.NET]EXCELが終了しない

・ASPNETで他のアカウントを偽装します。Web.configのに以下の設定を追加します。

(参考1:第2回 承認と偽装によるアクセス制御
(参考2:ASPNETアカウントの権限PartII [ASP.NET])

・その他資料(関連性がある?)
[PRB] ASP から呼び出したときに、COM オブジェクトが印刷に失敗する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.24

猫耳も~ど♥

世界最速360キロ…JR東、次世代新幹線お披露目(ニュース元:Sankei Web)

∧∧
・ω・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.06.23

旅行2日目-Shoot it in the head!!

日除けとなるような場所もあまり無く、強烈な日差しの中、真っ白になった道をブラブラと東へ西へ。
昼間から指圧の客引きも居るのもご愛嬌。
事前情報で得ていた射撃場「BING BENG BANG」がどこか分からないので、他の店も見ながらワンダリング。

あちぃ (;´Д`)

タオルを首にかけて日焼けを防ぎますが、腕は剥き出しのまま。
日焼け止め塗るの忘れてきちゃいましたよ…とほほ。
まー、小一時間の間だから、明日のダイビングの前のプレ日焼け(笑)で済めば御の字かな。

2店ほど実弾射撃の看板を掲げている所と、本当に銃を売っている所らしいのを見てから、そろそろ昼食の時間になりました。
友人の話の種に「天下一品」に入るのも面白そうでしたが、その時は歩き疲れてたので店のことを失念していました。
現地の和食に入るか…DFS併設のハードロックカフェに入るか…。
そうやって悩んでウロウロしていたら、後輩たちとバッタリ会いました。
彼らは本当は午前中泳ぐはずだったのですが、結局泳がずブラブラしていたそうです。
勿体無い。
一緒に昼飯でもと思ったのですが、彼らは既にハードロックカフェで食べたとのこと。
まぁ、それなら後で味やネタなどの話をしやすいようにと、私もハードロックカフェへ。
ちょうど強い通り雨も降ってきたので、これ以上外で店も探せませんしね。

中央のカウンターの中の柱?の天辺に車が一台…。
日本のハードロックカフェは行ったことはなく、人から五月蝿いと聞きましたが、ここはそうでもなく、洋楽が普通にBGMで流れてました。
大きなハンバーガー(12ドルぐらいだったかな?)を1人寂しく食べて燃料補給完了!
クーラーの効いたDFSの中で実弾射撃に行くメンバーが揃うのを待ちます。

全員揃ったところで情報を入手。
先に射撃をした人によると、DFSのすぐ前のスーパーのところに射撃の受付があるようで、車での送迎をしてくれるそうです。
さっそくそこに行ってパンフを見ると、どうもホテルの前とかにあった実弾射撃の店も、ここの受付の一つだったようで…。
店名は「BING BENG BANG」
おっと、やはりこの店に行き着きましたか。
もう一件あるという噂も有りますが、まぁここで決め、ということで。

ここで、同行者が値段交渉を開始!
まけろ、まけろ、でぃすかうんと、ぷり~ず。
事前調査した某サイトでは65ドルを弾半分にするから30ドルで、とか書いていたと思いますが、今回は弾数そのままで45ドルまで下がりました。
そこをさらに値段交渉!(笑)
もう駄目だろうと思っていたら、40ドルまで下がりました(゚Д゚)
…先に行っていた人に値段聞いていたのかな?

さて、射撃のコースですが以下の3種類。
Aコースは22口径ロングライフル 30発、マグナム7発、410ショットガン1発。
Bコースは種類は同じで弾が15発、14発、1発。
Cコースは410ショットガンが11発となってました。

Aが女性向け、Bが男性向けだそうです。
マグナムと書いてますが、確かどこかで見ましたけど、サイパンでは法律により拳銃は警官以外は所持できないそうです。
従って撃てるのはライフルのマグナム弾

ここで「44マグナム(拳銃)ですよ、きっと」などの意見もありましたが、百聞は一見にしかず、論より証拠、兎に角行って見てみよう、ということになりました。
程なく送迎用の車が着いたら、降りてきたのは会社の同僚たち。
やっぱ、大体みんな行動が似てしまうよなぁ。
先にやった感想などを軽く聞いて、入れ違いに乗車しました。
向かうは屋内射撃場。
でもその前に、射撃場の向かいの建物の土産物屋兼受付に。
40ドルなので支払いに50ドル紙幣を出したところ、何故か5ドル紙幣2枚を返してきます。

(* ̄▽ ̄)「ちっぷ、チョ~ダ~イ」

…つまり10ドルは取りすぎになるから、5ドルのチップくれ、と。(;´ω`)
観光客の死の掟「現地に金を落とせ」(笑)に従い、払いましたよ、ええ。
…全員の支払いは見てなかったけど、みんな払ったんかなぁ…?

支払い後は射撃場に移動。
お迎えは恰幅のいい、「FBI」とプリントされたTシャツを着ているおじさん。
…ここは確か自治領…連邦捜査局ってここまで捜査権限あるのかな?と愚にも付かないことを考えていると、その下に書かれた正式名称が目に留まりました。

「Female Body Inspector」(女体検査官)

エロ親父かよ!(笑)
そのエロ親父からイヤーパッドの着用を指示されて、「レディー・ファースト」ということで女性陣から射撃を開始。

ライフルやっぱり銃はライフルしかないようです。
人の頭のシルエットが描かれたターゲットの紙を奥に送り、銃に装弾して手渡し、構えなどを教えてから、さぁどうぞ、というアクション。
構え…そして撃つ!
雷鳴の如き発射音!
屋内なので反響が凄い!
イヤーパッドが無いと痛めるね。
しかし、着弾したかどうかが分からないのが悲しいですな。
紙なんかあっさり貫通するから、ほとんど揺れているようには見えないし、穴なんか当然見えない。
オペラグラスでも用意しなければ…。

と、途中でおじさんが私を呼びます。
どうやら今からはボルトアクションのライフルにするため、横に立って重いボルトアクションの作業を女性に代わってするように、とのこと。
パーン! ガシャコン。
パーン! ガシャコン。
パーン! ガシャコン。
あー、早く私も撃ちたい~~!!o(≧ω≦)o

そしてライフルの弾が尽き、最期のショットガンの出番。
構えも照準を覗く姿勢は指示されず、肩などの方をよく注意されます。
ターゲットが近くに寄せられて、いよいよ射撃…。
ドン!という今までよりもずっしりと重い大きな音の圧力を感じ、ターゲットも激しく揺れています。
よく見ると、少し散弾が集中した部分が切れかけてたり。
こりゃ、近距離で人に当てるとえらいことになるわ…(;゚Д゚)

さて、入れ替わって男性陣、遂に私たちの出番です。
おいおい、女性の時より照準が少し遠いですよ~。

射撃(この写真は後輩です)ボルトアクションのライフルを構える…照準を合わせてみる…ちゃんと銃口はターゲットの方に合ってるか自信なし(笑)
トリガープルは重くなく、すっと引ける…発射!



(;゚Д゚) 当たったんか分からへんがな!
仕方が無いので、もう構わず撃つべし撃つべし。
ボルトアクションが快感(*´Д`)
銃自身の重さもあり、意外に反動は大きくない。

弾が切れたら今度はオートマチックの方に。
ダブルタップ出来るかな?と試してみましたが、いくら銃の重さがあっても銃口が上がるため、2射目は上の方に飛んでいきます…。
弾が勿体無いから、地道に再照準。

ガキッ!
弾がジャムりやがった!(笑)

ジャムの弾も改めて撃ちなおして、そしてお待ちかねのショットガンへ。
今度はあの音をすぐ傍で聞き、ライフルより大分大きな反動が肩に。
ショットガンのポンプアクション部分がそのままグリップになっているやつなんですが、こりゃ体勢崩れるから連射は無理でんな~。
ターゲットには多くの穴が開きましたが、ちょっと左下より。
穴は散弾のため、ライフルよりは小さいので区別がつきます。
ライフルの穴はというと…お、ど真ん中にも当たっているではないですか!
やや右よりですが、それなりに集弾している模様。
初心者としては中々ではないかな、と自画自賛(笑)

その後、全員の射撃が終わりそうな頃に、会社の他の人が1人でやってきて、射撃を開始。
その音を聞きながら、私たちはもらったターゲットなどを片付けたり、イヤーパッドを返したりしていました。
イヤーパッド外すとやっぱり発射音が大きいですね。
大分聞きなれましたが。
…発射音?
みんなは射撃している人の姿をあまり見ていませんでした。
私は最期に備えて耳を塞ぎました…。
…そう、今まさに撃とうとしているショットガンの音のために。
そして凶暴な音撃が、剥き出しのみんなの耳を不意打ちする!
耳を塞いだ私だけ無問題~(笑)

薬莢
全員射撃後は射撃ブース内で記念撮影をしました。
その後「どうぞ、どうぞ」と拾い集めた空薬莢をもらいました。
…これ、帰国時に通関で捕まらないかな?(笑)


ここでオマケ情報。
射撃場をあとにして、DFSに行き、無料送迎バスにてホテルまで戻ったのですが、そこで先に射撃していた人たちと情報を交換しました。
後日、追加の情報などを得ました。
それら情報によると、

・やはり40ドルには下がるのが普通らしい。
・射撃後にプラス10ドルでショットガン10発追加。
・夜間に行くと屋外コースあり。遠くに置いている(ぶら下げている?)缶のようなものがターゲットになります。距離もあるので当てにくいそうで。

だそうですので、ご参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.21

旅行2日目-最後の司令部

現地で迎える清々しい朝。
エアコンが効いた部屋でミネラルウォーターで喉を潤しながら、ベランダに出て朝日を浴びる。

…湿気暑い。
ベタベタ暑い、とまではいきませんが、暑いですね。
9時過ぎですが。
夏~~!!
(* ̄▽ ̄)

さて、本日の作戦行動予定ですが、同室・隣室の後輩組はやたら泳ぎたいらしい。
3日目にみんなでダイビングをするということは昨日の内に決定していたので、私としては2日とも泳ぐより当初から希望していた旧日本軍戦跡を見に行くつもりでしたけど、誰も賛同者が居ません。
(;´Д`)

他の大阪メンバーに聞いてみても、行きたいけど買い物にも行く予定なので時間が無いといわれたので…
仕方が無い、タクシー代1人で持つことになるが単独行だ!(゚Д゚)
後輩や買い物組とは13時半にDFSにて集合し、実弾射撃に行くことを約束して、さあ行くぞ!
目指すは「ラスト・コマンドポスト」(最期の司令部)!
寝ている小僧たちは置いていけ!
総員、駆け足。
前へ進め!!(゚Д゚)
日除けの帽子とウェストポーチ、水分補給のペットボトルを装備して、いざ出陣!

ロビーにてタクシーを依頼。
受付のお兄さんにホテル→ラスト・コマンドポスト→DFSがどれぐらいするかを、地図と身振りと最低限の英単語(涙)で説明。
四苦八苦しつつも、なんとか理解してくれたようで、本来80ドルのところを60ドルにディスカウントです、と説明してくれました(多分、これが通常値段なんでしょうが気にしない気にしない)
お兄さんにサンキューサンキューいいながら到着したタクシーに乗り込み、いざ発進。

タクシーの運転手のおじさん(ベニーさん)は少しだけ日本語が使えるようで、日英混じりで時々話しかけてくれます。
なんとか答えられる範囲で答えたいのですが、もー、単語が出なくて大変です…。
英語の赤点の過去が恨めしい…_| ̄|○

そうこうしているうちに中心部のガラパン地区も越えて、あるのか無いのかよく分からない信号に時々捕まりながらも、車はドンドン北へ。
そして警察にも捕まる…_| ̄|○
というのは半分冗談で、信号待ちの時に隣に来たパトカーの警官から後席に座る私もシートベルトするようにと注意を受けました(前日もタクシーの運転手にシートベルトするように指示されていました)
タクシーの運転手とは知り合いのようで、にこやかに笑いながら注意されました。

30分弱?ぐらいで目的地「ラスト・コマンドポスト」に到着。
目の前には、そこだけポコッと盛り上がったかのような山。
むしろ周りを削って要塞化したのか…その辺りは不明ですが、不自然なほどそこだけ急な壁のような山です。

大砲 戦車司令部

ベニーさんの案内 で朽ちた大砲、戦車などを見ながら看板の前で記念撮影をしました。
その後、司令部室内へ。
くりぬかれた部屋の中は狭く、しかしアメリカ海軍の戦艦の砲撃により穿たれた大きな破口により明るい。
その後は裂け目から出て、慰霊碑へ移動しましたが、途中壁の方に目を向けるとそこにも砲撃の後らしき凹みが。
山の中も要塞化していて、あそこにも人が居たかどうかは聞きそびれたのは勿体無かった。
物怖じせずにドンドン聞けばよかった…。

バンザイクリフ

 慰霊碑を見た後は車に戻って、すぐそばのバンザイクリフに移動しました。
現在は本来の地名に戻そうとしているようですが、観光地としての名称が定着しているためか、全然その地名を聞きません。
美しい景色ですが、ここは日本人が大勢が身投げした悲劇の地…。
…でも何故か韓国人の観光客と遭遇。
なんか縁があるんだっけ?
確かに帰り際にはコリアン・メモリアルの慰霊碑もあったので、縁があったのかな。
無知はいかんですね、帰国後に調べようっと。

何故かバンザイクリフの近くに「法性寺」とかいうお寺が…。
日本のどこぞの宗教団体がつい最近作ったらしいですが、夜間は人が居ないから、荒らされるんじゃないかという噂も。
しかし、周りから浮いてる感が強いなぁ…。

スーサイドクリフの方には今回は行かないので、これで旧日本軍戦跡めぐりはおしまい。
はや!(笑)
集合時間までまだまだあるよ~。
まぁ、少し早いけど先にガラパン地区行って、実弾射撃出来るところとか探し回るか。
なんか1人でぷらぷら歩くのは、宇都宮の時と同じだなぁ。

車は行くよ、ガラパンまで。
ガラパンは「柄もんパンツ」じゃないでー。
そんな親父ギャグを思っていたら、途中で併走するタクシーが。
どうやらベニーさんの顔見知りのようでして、お互い挨拶をします。
人差し指と中指の間に親指を通した握り拳を振り上げて…。
(゚Д゚)

そんなこんなで昨日に続きガラパンのDFSに到着。
60ドルにチップをプラスしてベニーさんに渡して1人戦跡巡りは終了~。

なお、ここで最大の注意事項が。
当初は旅行会社の観光プランにないかと、さっとパンフ見たりポスター見たりしていたのですが見当たらず、止む無くタクシーで来たのですが、どうやらちゃんとオプションは存在した模様。
で、上司夫妻がそれを申し込んだところ、人数が少ない(夫妻のみ)ためか、リムジンを出してくれ、色々見て周った後に食事までついて50ドルだったそうな…。
(;´Д`) がっでむぅ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.20

今年こそ買う

毎年、夏場の作業で、早々にエアコン切られて暑い部屋の中で作業するのは疲れるので、今年こそUSB扇風機を購入してやる!
(゚Д゚)

去年は気付いたのが遅かったが、今年は逃さない!!

ライト切替式USB扇風機「風光迷微2」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

旅行1日目-in サイパン

in さい  ヽ(´ー`)ノ  ぱん

と、行く前に大したことではないですがフライト中のことを少々。

3時間半のフライトなので機内食が出るのですが、配る際にこぼさない様に全て袋かラップされています。
サラダのラップなどはあまりにピンと綺麗に貼られた状態なので、暗い機内ではまるで何も無い様に見えます。
で、サラダにはドレッシングが付き物ですが…。
Sくん、一応周りの人の動きは参考にして食べようね(笑)

さて、サイパン国際空港。
いきなり見えるのは日本語の案内と日本語の旅行ポスター(韓国語と中国語の同じポスターもあった)
一瞬まだ国内の場末の空港のような感じもしますが、このやや湿度のある真夏のような空気や日差し、窓から見える現地の空港作業員から、ここが異国の地と感じられます。

一目見ただけで分かる観光客ばかりからか、通関では特に質問されること無くビザの判子が押されました。
その後も特に困ることもなく(後輩が入国申請書?の書き込み忘れで手間取ったぐらいかな)、空港前で全員集合、東京組と初顔合わせです。
しかし、そこでは特に会話も無く、バスに乗って一路ホテルへ。
バスの車中では現地の旅行会社の人からの説明がありました。

・時差は日本より1時間早い
・定番の「現地の生水は飲まない」
・チップの解説
・レンタカー・バイクは右側通行なので注意
・治安は特に問題なし
・「シミになる日焼け」の注意

などですかね。

そして説明が終わる頃に私たちが泊まる「サイパングランドホテル」に到着。
そこでホテルの説明、鍵の受け渡し、およびホテルに併設されている旅行会社の受付窓口についての話がありました。
旅行会社が提供するダイビングや観光などのオプションがそこで申し込めるとのこと。
ただし、翌日の予約の都合があるので、16時半までに申し込みをするように言われて、そこで解散・各自自由行動となりました。
…現在16時、残り30分(笑)
今回の旅行は2日目のディナー以外は全てフリーなので、今からみんな申し込みで集中するかな?と思ったのですが、受付は1人しか居なかったわりに多少混雑した程度でした。
他の人はどうするんやろか?

私は同室になった後輩たちと行動を共にすることにしたのですが、特に何をするかがまとまらず。
とりあえず、ダイビングと射撃はしたいという案だけは有るのですが、翌日朝からいきなりダイビングはちょっとつらいし、午後はディナーのために時間が無いからダイビングは3日目にすること決定しました。
射撃は街中の看板でも見えたし、当日でも何とかなるだろうという判断。
結局明日は特にオプションを申し込まずに行動することに決定しました。

これでようやく部屋に行って一段落着きました。
荷物を置いてよっこらしょっと。
カーテンが閉まっているし、室内灯はどれもあまり明るくはないやつだったので、カーテンを開くと…

プールホテル

まぶしー (゚∀゚) き れー

部屋は狭くはないけど、広いとも言い切れない、適当なサイズのツイン。
TVは大きめで、日本語放送としてNHKが映りました。
そういえばロビーに置いてあった新聞は日本の新聞だったなぁ。
それから浴槽はビジネスホテルより広いですね。
浴槽と同じ長さの鏡があるところなんかはいかにもリゾートホテル。
貴重品入れはあるのですが25セント硬貨が必要なタイプでした…。
 まだ買い物してないから小銭なんてねーよー!(笑)

小銭を作る&付近探索&水資源確保のために、近くのコンビニまで出撃。
右側通行でセンターラインは線じゃなくて、なんかマーカーみたいなのが点々と設置されています。
そして歩道があまり整備されていないところを、道が広いのでバンバン車が飛ばしていきます。
教会
途中の教会を越えてようやくコンビニ。
日本の個人商店的な雰囲気ですがそこそこ広い。
水とビールとつまみを調達、それと後輩が夜食用にカップめんをGet。
カップめんが全部韓国製のしかなく、辛いのOnlyだったので私はパスしました。
朝食用にパンを買おうと思ったのですが、あまり欲しいのが無かったので、これもパス。
朝起きてから考えようっと。

夕焼け
ホテルに戻って、時間もいいし、そろそろ夕食にしようかと思い、相談の結果、島の中心部であるガラパン地区に行くことになりました。
ホテルから免税店(Duty Free Shop = DFS)に行くタクシーは無料なので、それを利用して行こうとロビーに下りたところ、他の人たちも居たので一緒に行くことに。
社長も居たので、あわよくば奢ってもらおうという計画が発動されたのでした!
(* ̄▽ ̄)

…しかし大きくないガラパン地区。
みんな集まってしまって、大人数になったため計画はいきなりポシャリました…無念。
_| ̄|○

ぞろぞろとみんなでガイドブックに有ったステーキハウスを目指していったのですが、満員なので20分待ちということで、時間潰しのために近くのちょっと怪しげなショップなどに突撃を敢行。
フセインの紙幣など妙なオモチャもありましたが、あまり見るものも無く、社長他数名と共に先に店外に出たところ、目に映るのは「指圧」の看板ばかり。
「指圧ばっかりですね」
その呟きを聞き逃さなかったのが、「指圧」の客引きしているおばさん。
「ちがうヨ、ウチは本番ダケよ」

だ…ダイレクトに言うなぁ(;゚Д゚)

おばさんの言葉は華麗にスルーして、次は普通のお土産屋さんに突入。
サンダルとか水着とか普通に揃っているので、次の機会は現地で買うのもいいかな、と思いながら見ていると眼に留まったのがZippo。
現在ライターは飛行機に持ち込み禁止となっていますが、燃料を抜いたZippoなら預ける荷物の方には入れていいそうです。
(けど、店舗によってはライター禁止の張り紙しかしてないけど…)
チャッカマンもどきのライターが印象的でした。

まだ初日なので今回は市場偵察ということで、何も買わずにお店を出て、ステーキハウスに戻ったところ、待ち時間が延びたようなので店を変えようという方向に。
で、変えた先はすぐそばの別のステーキハウス。
…なんか周りは肉ばかり?

ステーキ
メ ニューは大体20ドル強ばかりで、飲み物入れると30ドルか。
毎日この調子だと、ちょっと辛いですなぁ。
それにしてもどれも大きい…。

ビール
フラッシュ焚き忘れた のでボケましたが、現地のピッチャーのようなもの。
これでビール10杯分らしいです。
けど、なんかビールが薄い感じで…
(;´Д`)

 
あとは特に何をするでもなく、明日のために就寝し、こうしてようやく初日は終了したのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.18

旅行2日目-なんでやねん

実弾射撃もそんなに時間が掛からなかったので、夕方のディナーまで少々時間が有るので、ちょっとホテルで休憩。
この日のディナーだけが、今回の旅行で唯一決められている全員での行動です。
クルージングディナーと聞いてますが、船酔いする人いないか、ちょびっと心配です。
サイパンは遠浅なので、大型船があまり岸壁には居ないのですよ。
どっかの港から乗るのかな?

女性陣4:30ごろにホールに集合。
エレベータの扉が開くと、目に映るは華やかな現地衣装を身に纏った東京本社女性陣。
ちょっとビックリ。
N中さん、目がニヤついてますよ(笑)

全員集合後はバスで波止場まで移動。
結構車が走ってますが、ストリート沿いには各自動車メーカーの店舗もありました。
トヨタ・日産・ホンダ・ヒュンダイ等などですね。
実際に走っているので見たのは前3社である日本メーカーのばかり、特にトヨタが多かったですね。
日産もムラーノとか走っていました。
前日のタクシーの運転手の話ではヒュンダイはほとんど見かけないようです。

やがてバスは波止場に到着しました。
波止場には双胴(?)の大型ヨットが停泊していました。
デッキ部分に座って飲み食いできるようになっており、船内にも多くの人が入るようになっていました。

総務の人「○○○○の者ですけど、よろしくお願いします」
現地の人「オー、いらっしゃいマセ~。チケット拝見ネ!」
総務の人「あ、ホテルに忘れてきました(;´Д`)」
現地の人「なんでやねん!(゚∀゚)」
総務の人「すみませーん(;´д⊂」
現地の人「大丈夫、OK牧場ネ!(゚∀゚)」

うほっ、流暢な日本語や!(・∀・)
すごいなぁ、日本のギャグネタも出してくるとは。

この凄い現地の方が早口の日本語で案内してくれます。
乗船し始めてると、他にもバスが着ます。
う~ん、貸切ではないのか、残念。
でもこちらが40人で、他にもそこそこ人数が居るけど、乗り切るのかな?

全員が一旦船内に入りました。
詰めれば、全員問題無く座れました。
でも、この状態でディナーとなるとちょっとしんどいかな。
移動もしにくいですし。

そうこうしているうちに缶ビールが配られ始め、船は出港しました。
現地の人がトークを開始します。
クルージング&ディナーの説明を始め、乗船している客たちの簡単な紹介をしてくれました。
うちと他の会社の社員旅行組、日本と韓国それぞれの新婚旅行カップル等など。

「そして、このクルージングを案内するは私、○○です。韓国名ではペ・ヨンジュン、日本名では桑田佳祐と言いマス!」
…この男、やるな!(゚Д゚)

紹介などが済むと、各自デッキや屋根に登ってもいいということに。
ということで広い屋根にとスタコラサッサ。
ビール片手にクルージングと歓談を楽しみます。

輸送艦「2時の方向に米軍艦影見ゆ!」
「最大望遠で映します!」
「後部にはヘリを搭載している模様!!」
一応、アメリカに属してますので、海軍の補給艦と駆逐艦が今居るそうです。
昨晩も見たのですが、洋上に数隻タンカーが停泊してました。
何故かなと思っていたら、大型船は着岸出来ないので、小型船でピストン輸送しているそうです。

颯爽と流れる海風。
夕暮れ間近の日差し。
差し出されるビールのお代わり。
あぁ、リゾートっていいなぁ~(笑)

船はやがてサイパン島に隣接する小島「マニャガハ島」にの沖に着きます。
ここは明日のダイビング後に行く場所で、普段は人が住まず、昼間だけ人が集まる場所だそうで。
停泊してしばらくするとそれぞれにディナーのプレートが渡されます。

ディナー …船上だし仕方ないかな。
食べているとなんか周りが騒がしくなってきました。
どうやらこの旅行中に誕生日を迎える方に貝殻のネックレス?を渡しているようです。
後輩も誕生日なのでゲット。
社長も誕生日なのでゲット。

演奏 やがて流れるギターの音色。
桑田佳祐(笑)のショータイム!
日米韓の歌を色々歌います。
うーん、見事だ。
曲が進むと、みんなで踊る曲とかも始まりました。
現地衣装女性陣も踊ります。
華やか~(* ̄▽ ̄)

落日そんな歌声が流れる中、船は波止場と戻り始めます。
徐々に流れる風も夜風となり始めました。
さらばマニャガハ島。
また明日会おう!

波止場に戻ったらバスに乗りそのままホテルへ、そしてサクッとベッドに突入、就寝モード。
寝不足だったので、ちょっともう出歩く気が有りませんわ~。
しかし、バスで帰る途中数名がDFSで下車、夜の街に出撃して行ったそうです。
後日得た情報によると『指圧』に行くと60ドルぽっきりという話でしたが、チップをドンドン要求され、最終的に合計110ドルほどになったそうな…。

他には「桑田佳祐」と意気投合したメンバーがお誘いを受けて、何人かで飲みに行ったそうです。
途中で見かけた、まるで移動式のような小さな遊園地などにも行ったそうです。
凄いスピードで回っていた小型観覧車モドキにも乗ったようですが…ま、簡易遊園地だったと感想でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.17

旅行1日目-時間よ止まれ

羽田に着陸。
ちょっと衝撃が強かったけど大したものでもなく、気分が悪くなることもなく、無事に到着。
良き哉、良き哉。

いや、良くない情報も有りましたな。
実は各自帰りの便の予約を「個別に」取っていたのでした。
え! 聞いてないよ!!
全員でまとめて帰るのじゃないの?(;´Д`)
会社が交通費で出してくれるのは新幹線相当の金額まで。
早めに飛行機のチケットを取った人はいいのですが、それを知らなかった私は帰国直後に前日チケットが買えたとしても安いかどうかは微妙…。
ちゃんと連絡しておいてくれYO~(つД`)

しかし、そんなものとは比べ物にならない最大の問題は既に着陸の時点で発生していたのでした!
どうやら羽田の混雑か何かで到着が遅れた模様で、国際線のノースウェスト航空の搭乗開始時刻が迫ってたのです。
荷物を受け取った後、空港の係員から急かされ、ダッシュでシャトルバスに乗り込んで一路成田へ。
この間にどんどん時間がやばくなり、とうとうノースウェストは出発体勢に入ろうかという状態になりました。
旅行会社と、既に搭乗している東京本社メンバーの必死の説得により、なんとかまだ待っていてもらえていましたが、残された時間はさほど多くありません。
このままだと大阪支店メンバーだけ国内温泉旅行に変更か!?(笑)

とにかくまず最初にカウンターに行ってチケットをもらわなければいけない&何とか到着したのでもう少し待ってというアピールをするために、後輩に全員のパスポート渡して、バスが成田に着くなりダッシュさせました。
それを残りのメンバーが荷物を持って追いかける!
ここで鞄を4輪にしていたことにより最大戦速で追撃出来たので助かりました。
といっても、女性陣が居るので結局待つことにはなりますが、一度に全員の手続きで係員が処理しきれないのを避けるためにも、よかったかと。

荷物検査は一応中を検められましたが、袋の中までは詳しく調べず、感触などで確認されてました。
え、そんなチェックで大丈夫?とかちょっと思ったり。
それからセンサーや手荷物検査をまたまたして、ダッシュで24番ゲートに急ぐ!
何人たりとも俺の前を走らせねぇ!って感じの勢いで最初にボーディングブリッジに着いたら、トップでゴールした私に特別に身体検査がプレゼントされました!!(;゚Д゚)
横を他の人が急いで渡っていくのを見ながら、靴を脱いで足の裏までセンサーで検査、靴の踵のところまで触診、電源切っていた携帯が本物かを示すためにOnにさせられ、最期にデジカメの表面の検査(何か拭き取っていた?)までされて、ようやく搭乗することが出来ました。

所要時間20分弱。
最短のチェックインでした。
協力していただいた方々に感謝!

そして再び機上の人となった私は11時頃に日本を離れたのでした…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.15

旅行1日目-トップランディング

いよいよ慰安旅行の当日。
ここ数年は慰安旅行の時は忙しくて欠席などが続いていただけに、本当に久しぶりの旅行です。
(普段は旅行をしない人なんで)

集合時間は伊丹に7時半…
東京に行って、東京本社と合流してから国際線に移乗するので、この時間となりました。
荷物もあるし、三宮で朝一のシャトルバスに乗って行きましたが、空港についていきなり問題。
…南北、どっちのゲートで待ち合わせだ!?
私は普段社外にいるので、社内メンバーが決めた段取りはあまり伝わってきておらず、集合時間だけしか確認してませんでした。
幸い連絡が取れたので事なきを得ました、先行きを暗示しているのか、と勘ぐってしまいます。

で、やっぱりプチ問題発生。
あと1人がまだ着かず。
さらに複数人で申し込んだチケットのうち、諸般の事情で1人分払い戻さないといけないんだけど、まだ着てない人のため対応できない状態に。
まもなく遅れてた人が到着したんで払い戻し・発券は何とか完了しました…。

ピカチュウジェット預ける荷物のX線検査、手荷物と身体検査を済ませ、ピカチュウジェットを横目にANAの国内線に搭乗。
お、幸運にも窓側の席!
フラップの動きも良く見えるぞー!
「うぅ、Gがこんなにきついなんて」と、オタクな台詞を隣にいる同僚に聞かれないように呟きながら、飛行機は無事空に飛び立ちました。
舷窓から豆粒のように小さくなる町並み、スカイガンナーやエースコンバットのように流れていくすぐ傍の雲の流れ。
始終ニヤニヤしながらのフライトでした。

幸せの時間は1時間ほど続きました…この後に今回の旅行最大のトラブルが待っていることも知らず…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旅行出発前

そろそろぼちぼちと旅行話でも。
全体的に長文でダラダラと長いですが、興味が有ればご一読ください。
m(_ _)m

社員旅行の行き先はサイパン。
下手な国内旅行よりも安かったりするので海外にしたそうですが、三泊四日とは剛毅な。
しかも大阪支店組は移動の都合でもう一日潰れるという。
仕事が暇じゃなかったら参加できなかったなぁ(汗)

私にとっては物心がついてからは始めての海外旅行と飛行機。
ワクワクするが不安も一杯です。
いや、飛行機はフライトシムが好きなので問題無いのですが、乗り降りの手続きや外人とのやり取りが不慣れなので不安でして。

今回の旅行に辺り、以前の記事にも書いたように4輪の鞄を新調しました。
4日程度が入るというサイズで、国内線の持込可のサイズをわずかに上回るやつです。
今後の出張にも使う予定なので、このサイズが新幹線の網棚に載るか不安だったのですが、適当な情報が見つかりませんでした。
まぁ、以前借りていた鞄(コムサの布タイプ)と最大サイズが変わらないのでなんとか載りそうな気はしますけども。

これ以外に用意したのはこんな感じ。

・300ドル
銀行の300ドルパックで、適度に各種ドル札が含まれます。
やや50ドル札が多い気もしますが。
約3万3千円弱ほどでした。

・帽子
日差しの強さを考えて。

・日焼け止め
お勧めされた強力な日焼け止め(PA+++だったか)

・虫除け
刺されやすい人なんで。

・観光ガイド
地図が切り離せるのが別に付いているやつ。

・変圧器
行き帰りの時間が長いので、その間のHDDプレーヤーや携帯の充電用に借りてきました。
買おうとすると意外と高いですね。
ちなみにサイパンは日本と電圧は違いますが、口は同じですので、変換コネクタは不要。

・常備薬
半分は優しさで出来ている痛み止めと、バンドエイドぐらい。
薬局で胃薬などをセットにした旅行パックって売っていたら良かったんですが。

・ペンライト
夜間および緊急時用。
一応キーホルダーにも小型のライトがついてます。
以前の旅行で移動中にスイッチが入って、現地で電池切れになった経験から、当初は電池を抜いておきました。

・目覚まし時計
旅行のお供。
日本との時差は1時間(サイパンの方が早い)ので、時計はいじらずに、常に時差を考慮して使用する予定。

・デジカメ
ちゃーんと、SDカードを空にして用意。
これで100枚以上撮れる。

・簡易防水の小物入れと小袋
海に行く時のために。
また、小袋は小物を入手した際の整理用に多少多めに持っていくことに。

・電卓
割り勘用に(笑)

・荷物締める帯
直接締めるのが目的ではなく、飛行機から下ろされた自分の鞄がすぐ分かるようにするための識別用。
100均ので十分ですが、バンダナとかを使うと、ベルトコンベアとかに引っ掛かることがあるので注意。

・扇子
愛用の「般若心経が金字で書かれた」一品を用意。


その他は衣類やタオル、洗濯バサミなどなど一般的な旅行装備を鞄に詰め込み準備完了。
(後日談としては、輪ゴムなどもあるとペットボトルにタオル巻いたりするのに役に立つかと)

おっと、その前に財布の中身を整理整理。
現地・移動中に使用しない会員カードなどを抜いて、中身をスッキリさせましょう。

…前日まで用意してなかったので、あれこれしていて睡眠時間は3時間になっちゃいました…。
∧∧
;ω;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日焼けした頭の皮が、スーパーキャッチ光線に捕らわれたノーチラス号の装甲のごとく、次々と剥がれはじめてきました!
(; ̄▽ ̄)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.06.14

世界は核の脅威にさらされている!

ウラン用遠心分離器の設計図コピー、闇市場流出の可能性(ニュース元:gooニュース)

サイパンのホテルにも日本の新聞が有ったので、1面の見出しぐらいはちょろっと見ていたのですが、その中でも気になったネタ。
けど、TVでは全然報道してませんでしたし、もう1人の私(笑)に聞いても、全然知らなかったそうで…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.13

日本よ!

私は帰ってきた~~~!!
ヽ(≧▽≦)ノ

…とりあえず、ガトーネタはお約束ということで(笑)
実際の帰国は先日ですが、大阪に帰ってくるには遅い便だったので、成田近くのホテルで宿泊し、本日は国内の移動のみでした。
それだけで数時間消費したので、会社は始めっからお休みの予定にしており、本日はマッタリと過ごしております。
旅行日記は後日書く予定。

しかし、帰国直後に仕事の電話が…。
今月で現プロジェクトが終了する予定なのですが、もう残作業がほとんど無くてマッタリ過ごせると思ったのに、スポット参戦があり、それも旅行中に終わっている予定だったのですが、今度は別のスポット参戦が…。
(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気分はクワトロ大尉

劇場版Zガンダムが上映されて、あちこちで好評のようですが、ファン向けにこのようなアイテムが。

クワトロ・バジーナ サングラス

格好良くて、良いアイテムだと思うのですが、最後の写真が笑えます (^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サイパン日記 - 目次

~6/8
旅行出発前

6/9
旅行1日目-トップランディング
旅行1日目-時間よ止まれ
旅行1日目-in サイパン

6/10
旅行2日目-最後の司令部
旅行2日目-Shoot it in the head!!
旅行2日目-なんでやねん

6/11
旅行3日目-深く静かに潜行せよ
旅行3日目-ブルーウォーター
旅行3日目-東西会合

6/12
旅行4日目-しょっぴんぐ


6/13
日本よ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.12

黒い三連星

Mが海の向こうに行っちゃっているので、久しぶりにAが書いてみる (^^ゞ

現在放送中のガンダムSEED Destinyには、ファーストガンダムのMSがモチーフになった機体が登場しますが、いよいよ次回にはドムが登場するため、公式ページにて紹介が出ています。
ザク、グフに比べて、そのままんまのデザイン過ぎるような気が…。

「ザクとは違うのだよ」の様なお約束台詞もやはりドムでもやるんでしょうかねぇ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.09

国外逃亡

本日より日曜まで国外逃亡してきますです、はい。
(・∀・)ノシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変身!

技の1号、力の2号が今蘇る!

映画「仮面ライダー THE FIRST」

ヽ(≧▽≦)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.07

白黒付けるぜ!

いや、この話は「白黒」じゃなくて「黄色ピンク」なんですがね。
(´・ω・`)

先週末、友人がバイクで岡山のアナゴを購入して来てくれたので、実家のお好み焼き屋の鉄板で焼いて(蒸しもしたかな?)、みんなで美味しくいただきました。
ぷりぷりアナゴ、激ウマ─(゚Д゚)─!でした。
THX しんけん殿。

あまりに美味いので酒が進む進む。
ほどよく酔った時にバイクの話になり、「スクーターの黄色ナンバーは何? 50cc以上は全部ピンクじゃないの?」という話になりました。
結論から言うと排気量によるクラス分けで、2色あるのですが、そこで友人たちが勤めている郵便局のバイクのナンバーの色は何色か?という論争が始まりました(笑)

酔い友「絶対ピンクや」
素面友「黄色やって、1万円書けてもいいで」
酔い友「ええで、飯代賭けてもええで」(゚Д゚)
素面友「後悔してもしらんで」(・ー・)

じゃあ、週明けに郵便局で写真撮って報告、となりました…と思ったら。

酔い友「いや、今から確認する」(゚ω゚) Tel,Tel,Tel~♪

郵便局の同僚に確認の電話を始めました。
今すぐでなくてもいいや~ん、と思ってまったりWatchしていたら、電話相手が繋がらず。
やむなく二人目、やはり繋がらず。

ZWEI「まぁ、まぁ、週明けということで」
酔い友「あと一件だけ。これで駄目なら諦めますから」(゚ω゚) Tel,Tel,Tel~♪
(ガチャ)
酔い友「あ、もしもし、俺やけど。ちょっと質問やねんけど、郵便局のバイクのナンバーってピンクやんな?」
同僚「黄色ですよ(即答)」
酔い友「(゚Д゚)…え~っと…ピンクじゃなかったっけ…?」_| ̄|○

力一杯くずおれる友人。
爆笑する私たち。
そして払われる飯代。

友人よ、いつもいつもネタをありがとう!(笑)
ヽ(* ̄▽ ̄)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.06

日本丸

日本丸

旅行のための買い物にきたら偶然寄港していました。
…右下に指が被ってしまったみたいだ…(´・ω・`)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.06.05

イナズマ反転キィィーーーッック!!

トップをねらえ! ガンバスター GUNBUSTER

さすが海洋堂。
ほしいなぁ(;´¬`)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.03

世界史ジョーク

世界史系ジョーク集まとめサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.02

卓上の戦士

ガンキャノン最近のガチャガチャは出来が凄くいい~!
個人的にはズゴッグが欲しかった気もするが、重装人型兵器も格好良いよね!
 ∧∧
*・ω・ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.01

オロナミン響鬼

日曜の朝にやっている、「バイクも車も運転できない」仮面ライダー響鬼ですが、従来のクウガ以降の平成仮面ライダーの中でもドラマパートなどを重視し、設定などもかなり練りこんでいるようで、毎週楽しみにして視ています。
子供も泣き出す異形の戦士で、「妖怪ハンター響鬼」というタイトルの方がピッタリですが(笑)

その作品のCMにてこの間からオロナミンCのものが始まりました。
白いバックで視聴者に語りかけてくる、「君は強い」と。
これに影響されてオロナミンCを思わず買いに行った人も多いとか。

さて、そんなCMの派生版(?)が今日のめざましテレビで放送されてました。
自室っぽいところで、上戸彩の周りで様々な人が語りかけてくるという…
その中でも一際目立つ異形の姿が…(゚Д゚)

オロナミンC元気ハツラツぅ?キャンペーン

右下…「仮面ライダー響鬼 (職業)ヒーロー」  (゚Д゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フルブラウザ

ドコモ、「フルブラウザ」を商標登録出願(ニュース元:ITmedia)

以前からネットでは出回っていた情報ですが、遂に大手ニュースサイトにも取り上げられました。
「フルブラウザ」自体は一般には分かりにくい言葉ですが、以前から業界内では普通に使われている一般用語でした。
携帯用のブラウザがIEなどと比べて限定された能力しか持ってなかったことに比べて、最近出てきた携帯用OperaなどはPCのブラウザと比べて遜色の無い機能を持っている(機能をフル装備している)ことから「フルブラウザ」と言われてました。

業界が荒らされないために、使用は自由、権利だけ保持するという防衛的な目的ならばいいのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »