« 秘密兵器となるか? | トップページ | INFOBAR2 »

2006.10.16

時かけ受賞

シッチェス映画祭、なんと賞をもらった!(ニュース元:「時をかける少女」公式ブログ)

アニメ版の映画「時をかける少女」、この間見てきましたが、肩に力入れず見られるし、テンポも良く、笑いも出来てホロリともする良作でした。
原作や実写の「時かけ」を知っている人には「おっ」っと思わせる人物も出たりします。
しかし、劇場作品としては背景は綺麗なのにセルの色塗りがほぼ単色だったりと、少々勿体ない感じがしました。

この作品は試写会にblogをやっている人を集めて、「どうぞ試写の感想を好きに書いてください」とやったそうです。
低予算故に、作品の善し悪しをblogで好きに書いてもらうという作戦でしたが、良作なので口コミ効果が凄まじく、あれよあれよと上映館数拡大の方向に進んでいきました。
しかし現在主流のデジタルデータではなく、フィルムで上映しているので、1度に上映できる映画館数が限られてしまいます。
その結果、まさに時をかけて、昔ながらの「ロードショー形式」で上映だそうで。

この受賞を機に、さらに上映館数増えるのかな。
(≧▽≦)

|

« 秘密兵器となるか? | トップページ | INFOBAR2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3471/12304303

この記事へのトラックバック一覧です: 時かけ受賞:

« 秘密兵器となるか? | トップページ | INFOBAR2 »