« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »

2010.08.21

陳列の神

陳列の神がいた。
(゚Д゚)~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.18

カフェインたっぷり、血液パック型エナジードリンク「Blood Caffeinated Energy Potion」

お前の血をよこせー
(゚w゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.04

IS03予想

いまだに詳細が判明しないIS03。
そこら中のブログで機体の予想されたり、Twitterでもヤキモキしている発言があったりしてます。
やはり、みんな期待一杯の状態ですな。

自分の予測は以下な感じかな。

・9月末に秋冬端末と一緒に発表
→前みたいにISだけで発表するには時期がやや中途半端な気が。

・シャープ製
→京セラでZIOベースも可能性あるが『一台目として』、しかも万を持してなら、ZIOでは役者不足。

・Android2.1
→ただし京セラなら1.6になるんだろうな…。2.2は国内メーカーはまだ出さない気が。

・SnapDragon搭載
→IS01もこれですし、ハイエンドスマートフォンならやはりこれかと。

・液晶サイズ、解像度は4インチ、800×480のタッチパネル。スライドキーボードではない
→サイズはこんなもんでしょう。解像度は854×480かもしれませんが、まぁ、国産携帯と大差ないものかと。
iPhoneライクと言われてますし、キーボードは抵抗ある人もいるでしょうから。

・カメラは800万画素AF
→正直、カメラはほどほどの画素数で、綺麗に写るやつならなんでも。
国産携帯の標準的なのが付くんじゃないですかね。
インカメラの有無の方が問題かも。
Skypeアプリ等でTV電話出来れば万々歳ですが(別に自分は使うことはないですけど)

・Eメール、Cメールは従来のフィーチャーフォンと同じように使用可能
→今更アドレス変えるぐらいならここまでIS03待ちませんがな。
多数の一般ユーザーのためにもこれは絶対に。
まぁ、これは8月下旬にも対応する予定のはずですが。

・Bluetooth搭載
→大分標準化しましたしね、当然かと。Androidでエンジンスタートする車もありますが、多分こいつで通信してるかと。

・赤外線搭載
→国産携帯からの移行のために付けてくるでしょう。
QRコードででもやりとり出来ますが、QRコードがよく分からない人でも赤外線には慣れてますから。

・FeliCa搭載
→これをつけるのが今回の売りでしょう、その1。
話は違いますが、edy弱すぎ、iDなら使用出来る店舗多くて正直羨ましい。

・ワンセグ搭載
→これをつけるのが今回の売りでしょう、その2。
IS01にも付いてますし。
ちなみにIS01のワンセグ、ちょっと操作画面がダサいですが。

・マルチキャリアは非対応
→さすがにオールインワン、とはいかないでしょうから、時期的に微妙なMCは通常のハイエンドフィーチャーフォンにだけ搭載かな。

・FacebookなどのサービスはAndroidアプリとして普通に使えるやつなら問題なく使用可能
→ハードで対応する必要ないですし、ソフトで対応ことがスマートフォンの価値ですから。

・携帯サイト閲覧用に専用ブラウザー搭載
→まだ携帯向けのみのサービスも多いでしょうからこれはなんとかして欲しいところです。
(IS01でも対応してなかったはず)

・価格は59800円
→似非分割プランでもない限り、今後スマートフォンは適正価格で売られるでしょうから、これ以上安いことはない気がします…残念ながら。

・兄弟機がドコモから出る
→多分IS01と同じようになるかと。
差別化はメニュー画面と提供される『マーケット』、それからキャリアメールぐらいかな?
ただ、そうなると通信が早いドコモ版に行く人も出るでしょうが、IS03の意義は『auでスマートフォンが使いたい人向け』ですから、その人達が満足すればOKかと。


………このうち、いくつ当たるかなぁ。
なんか、IS01生産終了、IS03生産開始の噂もながれだしてますが、実際どうなんでしょ?
IS03のためにIS01のラインを空けたと言われてますが、それだとIS03はやはりシャープ端末ということになりますね。
真実は如何に?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.02

今期全て国産?

KDDI、この秋以降にFeliCa、ワンセグ、赤外線機能を搭載した国産スマートフォン2~3機種を発売予定(ニュース元:Juggly.cn)

おっと、予想外な発言。
まだ他にも出すという発言を聞いた気もするが、年内は国産機か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »